Woman.excite

ExciteWoman.exciteGarboアトリエWomanサイトマップ

4月13日 なんとなく
f0034922_326126.jpg

なんとなく気に入って連れて帰ってきた子たち
# by petitclos | 2006-04-14 03:26 | 2006年 4月
4月12日 パリの桜
先日のメルマガでちょこっと書いたのですが、パリの桜。
日本の八重桜のように派手でなく、枝振りもどこか小さくまとまっていて(カットされているのかも?ですが)すごく素朴な味わいです。公園にわーーーーっと咲いて、木の下で宴会なんて光景はどこを探しても見あたりませんが、やっぱり桜を見ると春だなーと思います。

うちの実家の近所には京都へ通じる疎水(ソスイ 琵琶湖の水を京都に流す巨大な用水路)というモノがありまして、そのまわりには本当に沢山の桜がこの季節咲き乱れます。
宴会などもできるスペースはないので、ホントのんびり和やかな雰囲気で、子供の頃からこの桜を見るのがとても好きでした。パリで見る桜はまた違うけれど、この和やかな感じは同じですね。そういえばそろそろ引っ越し。ここの桜ともお別れです。

では、またまた!

f0034922_5442212.jpg


f0034922_5443320.jpg

# by petitclos | 2006-04-13 05:44 | 2006年 4月
4月9日 写真の正体は・・・
この間久々にトップページの写真を変えてみた。
個人的にこういう写真好きなので使ってますが、これってなにか分かりました?
じつはコレは衝立(ついたて)。パーティッションですな。ちなみにフランス語ではパラボン。
普通は布が張られているのだけれど、これは日本の衝立のように紙が張ってました。
ところどころ破れていたり、シミがあったりしますが、こんな雰囲気も好きです。
ただお店に置いた際にお客さんがどう思うかが心配で、こういうヨゴレの多いものを日本に送るのは少々勇気が必要。
いつかこういうモノもさりげなく置けるお店になりたい。

f0034922_4525060.jpg

# by petitclos | 2006-04-10 04:52 | 2006年 4月
4月6日 プチクロも春を迎えました。
こんにちは!
このブログのタイトルにあるプチクロのアトリエに久々に戻ってきました。
今日からまた家具の修理が始まったので、今後はアトリエでのお話も増えると思います。
ここのアトリエはある人の裏庭に位置するので、庭は好きなように使ってOK。
小春日和で気持ちが良かったので、今日のお昼は庭でのんびりと。
こんな生活っていいです。(これで仕事でなければ最高ですが)

アトリエの春の写真です。
では、またです。

f0034922_781788.jpg

# by petitclos | 2006-04-07 07:11 | 2006年 4月
4月4日 恵文社の冊子
まだまだ開催中の恵文社 in Tokyoですが、連日かなり沢山の方に来て頂いているらしい。
みなさんやっぱり一度は京都の恵文社に行ってみたかったようで、ホント良かった。
追加の本もぞくぞく店長堀部さんによって送られてきてます。
その堀部さんですが、今回の恵文社の冊子ではかなりの量の文章を書かれてます。
(栞のデザインやいろいろコンセプトまでデザイナーのウガタ氏と堀部氏におまかせです)

実は今回の冊子、パリに持って帰ってきてからはじめて読んだのですが、ホントおもしろい。本の発売前には手元に届いていたのだけれど、普段東京にいるときは、本や新聞が読めないのです。正確に言うと頭に入ってこないので文章を読むのをどうしても避けてしまってます。
毎日仕事ばかりというせいもあるのですが、こういうお店で働いていると本や雑誌が毎日のように届けられ、その情報量の多さに頭がまいってしまう。なので、ゆっくり読みたい本などはパリに持って帰ってきて、湯船に浸かりながらゆったりと読む。
パリに帰って読むなんて言うとかっこいいように聞こえるけれど、僕のような田舎モノは情報の多さにまだ慣れてないので、パリのように情報量がすくない場所が一番。仕事仕事の毎日を送っておられる方は一度田舎にでも行って情報を遮断するといいですよ。不便というのは、人間にとっていいこともあるのです。その辺の話はまたにして・・・・


今回の冊子。
いつも恵文社のコラムで書かれてる文章と少し違って、もっと生の声というか日記をこっそり覗いたような感じ。かなり面白い。(オルネのサイトでも近日中に販売開始です)

この冊子には、いがらしろみさんのコラムも掲載されていてこちらも読み応えがあります。

いいものは落ち着いた場所でじっくり読む。これ基本ですね。

f0034922_18451543.jpg


話の方向性が見えなくなってきたので、今日はこのへんで。
# by petitclos | 2006-04-04 18:45 | 2006年 4月
4月1日 はじめての連載
今までも時々雑誌や本にコメントや文章を書いたことはあるけれど、この度はじめて連載モノのコラムを書くことになりました。
書くことになりましたというか、実はもう本は書店に並んでいたりします。
一応パリの雑貨担当という感じで文章を書いておりますので、よかったら見てみてください。

f0034922_437978.jpg

とても丁寧なつくり方をされているフウチさんなので参加できて嬉しい。

f0034922_4382661.jpg

夜遅くまで練習して描いたツバメも掲載されひと安心

コラムもそうだけど、普段お会いできない皆さんにこの日記を通していろいろと思いが伝わればと思ってます。ゆったりとした時間がないと文章ってかけないけれど今回パリにいる間はちょっとがんばってみます。

ということで、よい週末を!
# by petitclos | 2006-04-02 04:45 | 2006年 4月
3月30日 渋滞の原因
こんにちは。
パリに着いた次の日から一日中車で外に出かけることが続いてますが、相変わらず渋滞がひどく困ったます。パリは小さいので渋滞がないと、一日でホントいろいろな場所に行けるけど、昨日、今日はほとんど運転しているうちに時間が過ぎてたって感じ。

その渋滞が一番ひどい地域のひとつに、トラムウェイの工事があります。
トラムウェイとは路面電車。ヨーロッパの各地で見られるアレでして、これに切り替わると渋滞もなく、環境にも優しいとのこと。さてさてどうなることやら・・・。

で、現在の工事状況の写真をとってきました。
もうそろそろ開通かな?

f0034922_913726.jpg

こんな感じで線路の間にも芝生を植えてます。

f0034922_915027.jpg

駅はこんな感じに。

またパリの名物になりそうなので、開通した頃にまたリポートします。

では、では。
# by petitclos | 2006-03-31 09:09 | 2006年 3月
3月29日 パリに戻りました。
本日、無事にパリに戻ってきました。
まだ時差ボケで起きたままなので、外のことは知りませんでしたが、比較的暖かく気持ちのよさそうな天気。やはり家だと落ち着くのか、久々の快眠ですぐに仕事ができそうな感じ。
今日からパリをウロウロする予定ですので、またパリの様子などお伝えしますね。
では、また明日をお楽しみに。

f0034922_17193251.jpg

恵文社展の展示

恵文社展の方にも連日沢山の方が来られているようで本当にありがとうございます。
普段オルネに来られないようなお客さんが多いとのことで、嬉しい限り。また本の追加も随時してますので今後もよろしくです。
# by petitclos | 2006-03-29 17:21 | 2006年 3月
3月27日 いよいよ明日パリへ
こんにちは。
1ヵ月半ぶりにパリに戻ります。
やっと荷物の準備も終わり、そろそろ寝ようかと思っているけれどひとつ心配事が。
いま、パリといえばデモ。
その大型デモが28日にまたあるらしく、交通機関もストップとの情報が。
うーむ空港からTAXIでたどり着けるのならいいけれど、はたしてTAXIはあるのか?渋滞は??あーー楽に帰りたい。

というわけで、次回の更新はパリからです。

あーそうそう。
恵文社展かなりたくさんの方に来ていただいております。
新たな本も京都より続々と届いておりますので、まだの方もすでにこられた方もまたいらしてくださいね。平日は是非ゆったりと立ち読みでもしてくださいね。

ではでは、また!!
# by petitclos | 2006-03-28 00:21 | 2006年 3月
3月25日いよいよ始まりました。
本日から恵文社展が始まりました。
本好きにはたまらない今回のイベント。来れない方の為にも少しずつご紹介していきます。


f0034922_12274163.jpg

今回のオリジナル冊子のセット内容。読み応えがかなりあるので、ご期待ください。
ろみさんの原稿も入ってます。

f0034922_1228555.jpg

朝から商品のセッティングと恵文社のカリスマ店長こと堀部さんに商品説明をうける。

というわけで、またつづく。
# by petitclos | 2006-03-25 12:29 | 2006年 3月