Woman.excite

ExciteWoman.exciteGarboアトリエWomanサイトマップ

6月27日 こんな子見つけた
そろそろ新しい家の片付けも終盤に近づき、やっと暖炉の上のスペースが空いた。ということで、先週かったこんな子たちを置いてみた。パリ郊外で手作りで作られた60年代の子供のおもちゃ。またサンクカルネで紹介しますね。

f0034922_18482054.jpg


そういえば先日、雑貨カタログさんで毎年行われているディスプレイ大賞の審査員に選ばれまして、恐れ多くもどの家のディスプレイがいいか選んできました。いやーホントみなさんすごいです。どなたが選ばれたかは紙面で確認していただくとして、うちの家。

とてもお見せできません・・・。

ディスプレイか・・・・・。

うーーむ。

悩みはつきません。
# by petitclos | 2006-06-27 19:18 | 2006年 6月
6月26日 内装の仕事
今週末に日本から撮影に来られる方がいるので、急遽せっとせっと内装工事を再開。
こういうのって勢いが必要で、そのまま置いておくと、いつの間にか慣れてしまって
片付かないままで快適に暮らすことも多々。すっきり系も好きだけどゴチャゴチャした
部屋の方が落ち着くことも。

今日の工事はシャンデリア。以前に買っておいたお気に入りを天井からさげてみる。
なかなかいい感じ。コードの処理をどうするかが問題です。

f0034922_19522641.jpg

# by petitclos | 2006-06-26 19:52
6月23日 テラスに植物を
植物を大量に買ってきた。
猫は嬉しそうに窓際でゴロゴロ。なんだか野生の気分なのでしょうか?
新しい家に来てからも、日課は変わらず道行く人の監視の日々。僕もしてみたらけっこう
面白かった。昨日は寒かったけど、ノースリーブの人はいるわ、コートを着込んでいる人も
いるわで、季節感は人それぞれ。面白いです。

f0034922_1753889.jpg


f0034922_1762278.jpg

# by petitclos | 2006-06-23 17:06 | 2006年 6月
6月21日 アスティエのディスプレイ
毎回、アスティエのディスプレイには関心させられますが、今回のはちょっと笑えました。
このあたりもやはりアスティエらしいエスプリです。

f0034922_17442279.jpg

                ホントに安っぽい食品サンプルを乗せて

告知

明日から伊藤尚美さんのイベント 「3つのテーブル」が始まります。
アスティエの食器と伊藤さんの布を使った展示で、伊藤さんなりの解釈でアスティエの食器をどう使うかが見所。
昨年パリのボントンで見た素敵な見事なディスプレイ。またあの空気が東京のオルネでよみがえります。期間中にみなさま是非お越しください。

(現在ディスプレイの真っ最中。かなりいい雰囲気で、スタッフも興奮してました)
明日からお楽しみに!
# by petitclos | 2006-06-21 17:52 | 2006年 6月
6月14日 アスティエにて和菓子を
昨日は久々にサントノーレ通りにあるアスティエドヴィラットの本店へ。
いろいろお願い事と相談もあったので、日本から持参した和菓子をもっていく。
で、和菓子を食べる際にお茶と食べるといいよ!なんて言ったら、向かいのサロンドテで日本茶をテイクアウトしてきてくれた。
いきなり店頭でお茶とお菓子をたべつつのミーティング。一応僕もお店のオーナーなので、「こんな店頭でお茶してていいのか?」と他のお客さんへの心配をしてしまいましたが、来るお客さんも別に~~という感じでごく普通にお買い物してました。このへんはさすがフランスです。

f0034922_234245.jpg

         アスティエのイヴァン氏。彼のアイディアはほんとアメージング!

そうそう本日久々にサンクカルネでキーホルダーを上げましたが、かなり好評なようでパリのネットカフェにてひとりニンマリ。うれしいです。サンクカルネも今後ともよろしくです。

では、またあす!
# by petitclos | 2006-06-15 23:44 | 2006年 6月
6月14日 パリの自転車
昨日までの暑さがウソのように、本日は涼しく快適な朝。
なんでも雨が降るそうなので、早めにこのネットカフェから退散せねば。

昨日報告した自転車。
買ってからというもの、パリの自転車をよーくチェックする習慣がついてしまった。
折りたたみタイプなどはほとんど見かけず、多くは量販店で売られているモノ。
僕のように古い自転車も現役でバリバリ走っていたりで、車と同じくパリでは色々
な種類の自転車が見れます。(バイクもそうです)
日本では昔、富士重工が作っていたラビットに乗っていたので、こういう古い機種は
なぜか馴染みます。おそらくこの自転車作られて30年以上は経っていると思うので
これから掃除して大切に乗っていこうと思ってます。
乗ってみて感じたのは、子供の時に買ってもらった自転車そのままです。ハンドル
なのか、座った感じがそうなのか、時々車体が軋む感じがそう感じさせるのか
分かりませんが、まさしく子供の頃に買ってもらった初めての自転車の感じ。
なんだか今まで見慣れた景色も新鮮で、子供の頃に帰ったよう。そういえばネットカフェ
に通う僕の姿はどう見ても学生そのもの。うれしいような恥ずかしいような
日々新鮮な気持ちが続いてます。

では。

f0034922_18552659.jpg

             こんなボロになった自転車ももちろん現役です
# by petitclos | 2006-06-14 18:55 | 2006年 6月
6月13日 自転車を買ってみた
いやーパリは暑いです。
連日30度越えで猫も床にごろっとして寝てばかり。
うーむいつまでこんな天気が続くのだろうか・・・・・。

さてさてパリの我が家。
未だにネットが繋がらず、家から歩いて15分ほどのネットカフェに行くはめにトホホ。
で、そこで浮上したのが自転車購入案。
最初思っていたのは、折りたたみ自転車か高機能な軽ーい自転車。
で、いざ買ってみたらすっごく古い味のある自転車になってしまいました。

f0034922_196771.jpg

               なんだか郵便配達の自転車みたい
f0034922_1963967.jpg

               フランスだからやっぱりプジョーですね
f0034922_1971362.jpg

                  このカゴに惹かれて買いました

乗り心地はやっぱりあまりよくない感じで、けっこう重い。オルネがある表参道近辺は自転車でけっこう走っているが、パリで運転するのは8年ぶりかな?車体もけっこうグラグラしてそうな感じで、手入れが必要です。

一目見てこれだ!これでおしゃればパリジャンに!なんて思ってましたが、自転車を駆る僕の姿を通りのショーウィンドーで見てみたらけっこう微妙な感じで軽くショック。
秋ならおしゃれしてギリギリおしゃれさんに見えるかも?なのでそれまでコソコソ走ってます。
ということで、またです。

あーあついあつい
# by petitclos | 2006-06-13 19:12 | 2006年 6月
6月6日 明日からAnanö さんのイベントが始まります。
こんにちは。
本日は明日からのイベント Ananö dans Orné de Feuillesのためにアナノさんが来られて自ら店内ディスプレイ。久々に新商品を手に取ってみましたが、やはりスゴイ。
熱心なファンの方が大勢いるのもうなずけます。
明日は展示と販売以外に、モレスキンに描かれたデザインノートも見れます。こちらも是非お楽しみに!!

ということで、明日天気になーれ。

f0034922_1865387.jpg

# by petitclos | 2006-06-06 18:06 | 2006年 6月
6月5日 今日でアスティエ締め切り
今日でアスティエの予約締め切りと言うことで、駆け込みの注文がホント多いです。
本来なら商品すべて実物みていただき、納得してご購入していただきたいのですが、何せ注文後半年以上待ってやっとの入荷で、店頭に置いても毎日必ず売れていくという人気ぶりですので、嬉しいやら困ったりです。

オルネがどうやら他のショップさんよりも一番売れているらしく、商品の入荷も以前に比べ少しは早くしてくれるそうです。が、はたしてフランス企業はどこまで対応できるのやら。
お待ちいただいている皆様にはご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解ください。
やはりアトリエの光景を見れば、どれだけ大変なのかは分かりました。手作りというのは大変ですが、手に入った時に喜びはホントいいものです。

また今月には伊藤尚美さんとアスティエのコラボアイテムも店頭にて展示できる予定ですので、アスティエファンの方はどうかお楽しみに!

ということで、またです。

f0034922_19111458.jpg

                          アスティエのアトリエにて
# by petitclos | 2006-06-05 19:11 | 2006年 6月
6月3日 そろそろフランスへ
やっと来週木曜からフランスに戻ります。
いろいろ貯まっていた仕事も終え、昨日と今日は久々にサイト用の写真撮影など。
やっぱりひとつのことに集中するって気持ちいいです。

今回のフランスでは、リクエストの多かったアイテムを探してくるのと仕事と、アトリエの引っ越しという大きな課題が待ち受けている。せっかくパリ郊外のアトリエにも慣れたのに、ちょうど1年ほどで別の場所に行かなくてはいけなくなってしまった。
そのアトリエの大家さんは、古い鏡や額に塗られている金箔の補修のプロの方で、彼のアトリエの中は1800年代頃の本物のアンティークがごろごろしてます。
100年以上前のモノは僕にはまだまだ早い気がしますが、いいモノはやはりいい!その中で今まで実際に使われていたかっこいい作業台を今回餞別に頂けるそうで、今からかなり楽しみ!
すっごく重いので難しいかも?ですが、いつか日本のお店にも置いてみたいです。
また帰ったら写真撮ってお見せします。

今度も庭付きのアトリエが見つかりますように!

f0034922_1592314.jpg

           家には大きすぎて入らなかったけど、いつか自宅で使いたい一品!
# by petitclos | 2006-06-03 15:10 | 2006年 6月