Woman.excite

ExciteWoman.exciteGarboアトリエWomanサイトマップ

<   2007年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧
1月29日 アスティエ・ド・ヴィラット+ナタリー・レテ
先日、アスティエ・ド・ヴィラットのサントノーレ店にてナタリー・レテとアスティエのコラボレーションした作品の展覧会が行われました。
アスティエのオーナーさんにお呼ばれしたので、早速行ってみました。

f0034922_5415053.jpg

                 僕が行った頃には、すでに沢山の方が
f0034922_5431794.jpg

                     ウインドウにもディスプレイ
f0034922_5435891.jpg

by petitclos | 2007-01-30 05:47 | 2007年 1月
1月28日 どうやって描いたの?
先日ニースで泊まった伯父の家。
すごく古く、床も全体的に傾いている感じ。古く立派な建物だけあって天井がやたらと高い。
で、その天井になんとも素敵な天井画がある。昔からの建物はさすが違うなーなんて思ってよく見てみると、この絵自体はそんなに古くない感じ。
もっともっと細かく見てみると、なんと天井のモールディングの立体部分がモールディングでなくデッサン!なんとも芸が細かい。でもどうやって描いたんだろ?

f0034922_6394852.jpg

                           高い天井
f0034922_6402255.jpg

                        各部屋毎にデッサンが違う
f0034922_6405720.jpg

                   よーく見ると、立体部分は描かれたものです
by petitclos | 2007-01-29 06:50 | 2007年 1月
1月25日 冬が来た
最近のパリはすごく寒く、気温はマイナス。
昨日なんかは雪がチラホラ降って、今シーズン初雪です。
そんな寒い中、ここ数日は肉体労働続き。新しく借りた家具用の倉庫に荷物を入れたり、コンテナ発送の準備で、ちょっと筋肉痛。全身ホコリまみれになっても、この仕事を続けられるのは、やっぱり古いモノが好きだから。倉庫に並んだ買い付け商品を見てはうっとりしてます。

f0034922_7272846.jpg

                 数日前にいた南がすでに懐かしい。さー寒い。
by petitclos | 2007-01-26 07:28 | 2007年 1月
1月21日 海沿いの家
実はうちの親戚がニースにて日本食のお店を経営していて、その伯父の家に3日間泊めてもらうことにした。この家は、ニースの岬部分に位置し窓を開けると、全面が海という絶好のロケーション。

f0034922_612039.jpg

                   毎日こんな景色を見て暮らしてみたい。

f0034922_613856.jpg

                   地中海なので、海の水はこんなにもブルー

やっぱり老後は南に!決意は固まりました。
by petitclos | 2007-01-22 06:17 | 2007年 1月
1月19日 ニースからイタリアへ
ニースの街から海岸線を車で走って、1時間ほどでイタリアに到着。
このあたりの人たちは、本場のイタリアンが食べたければ、車でさっと行けるのでホント羨ましい。日本にはない感覚です。
で、最初イタリアのジェノバあたりに行こうと思ったら、意外に遠いことが判明。今回はゆったりとした旅行がしたかったので、フランスとの国境近くの街でとりあえず降りてみる。
もちろんだけど、スーパーからマルシェまでみんなイタリア人で、イタリア語を話している。いろいろと新鮮で楽しい。果物だけ買って海岸近くをフラフラして帰ってきました。
今度、時間があったらコモ湖にでも行ってみたい。

f0034922_7213360.jpg

       海の近くで食べたピザ。味は濃いけど、やっぱり本場はおいしいです。
by petitclos | 2007-01-20 07:27 | 2007年 1月
1月18日 怖かった帰路
3日間のお休みから戻ってきました。
ニースをメインに、モナコ→イタリアに少し行って、エズなどの小さな村なども色々と回ってきました。で、驚いたのが季候。ホント春のようで、気持ち少し日焼けしたような気もします。
太陽がまぶしく、海が深いブルー。歳をとったら南に住もうかと、毎回本気で考えてしまう。

さてさて無事にパリに帰ってきたのですが、帰りの飛行機。
ニースは晴れで、パリは雨。しかも風が強く、かなり荒れ模様。で、オルリーの空港の近くまできているが、風が強いので降りるまで上空をぐるぐる1時間ほどまわる。
外の景色は、厚い雲に飛行機のフラッシュがピカピカ光っているのが見えるだけで、なんだかパニック映画のよう。で、機長さんとうとう意を決して、着陸態勢に。
滑走路近くに行ってもまだ機体がユラユラで、車輪も片方からついて斜めになりながら、なんとか無事に着陸。あーもう飛行機はいやですね。
書いていて、思い出してドキドキしました。

f0034922_7514856.jpg

                          ニースの旧市街

f0034922_752684.jpg

        イタリアのマルシェにて。アーティチョークが沢山並んで美味しそう。
by petitclos | 2007-01-19 07:53 | 2007年 1月
1月15日 みなさまありがとうございます。
いやーみなさま本当にいろいろなご意見ありがとうございます。
かなり参考になるご意見を聞かせていただいたので、今後のアレコレに役に立てさせて頂きます。普段の暮らしを上手く伝えれるように、新鮮に物事が見えるように、あまり力まず書いていきますね。本当に助かりました。

みなさんのおかげで、先ほど原稿を書き上げメールに送りました。うまく参考にできたかどうか、不安ですが、またよかったらフウチをご覧になってくださいね。今回も一応デザインの紹介を交えながらの文章です。

さてさて視点のお話。
パリに来て最初の頃は、人の視線がとても気になった。こちらの人は、メトロで新聞読んでたりすると、日本では考えられないほど横からのぞき込んできます(笑)日本語の新聞でも同じで、かなり覗きます。その他、新しい乗客が乗ってきた時、レストランやカフェに人が入ってきたりした時にも、かなり見られます。もちろん美人さんが来たら必ず凝視。
こんな感じなので、誰かに見られているような錯覚を起こし、街ではいつもどこか緊張していた。

ある日、うちの近所でモンマルトルのブドウ収穫祭のパレードがあったので、一人で出掛けたみたら、ある変化が起こったのに気づいた。日本にいた頃だと誰かと一緒でもないのに街で一人でニタニタするなんて危ない人のような気がして、ムスッとしていたけど、その時はじめて一人でニタニタしている自分に気づいた。で、なぜかそんな自分が嬉しかった。

この頃から少しずつだけど、緊張も少なくなり、いつもはよく見えなかったパリもだんだん見えてきたように思う。今日はそんな事を思い出して書いてみました。

かなり個人的な内容的なので、もうひとつのブログ「パリいろいろ」の方に書くような内容でしたが、コメントがうれしくって思わず書いてみた。

今日はなんだかうれしい日でした。

ちなみに明日から3日間、ニースに行ってきます。車でイタリアまで行ってくる予定なので、帰ったらプチ自慢させてください。では、またまた!

f0034922_8214978.jpg

今日のパリは春のように暖かく、天気もすごくよかった。やはり天気がいいと、みんなどこかに行きたいのか、沢山の人でした。
by petitclos | 2007-01-15 08:23 | 2007年 1月
1月14日 みなさん何が知りたいですか?
本日は引っ越してきてからの課題だった寝室のクローゼットの取り付けに専念。
大工仕事ってホント楽しい。いつまででも時間があるなら、ずっとしたい感じ。電動ドリルや壁に穴を開けるドリルなんかを触っているだけでも幸せな気分。俺は男だ!と本能が蘇る時ですね。
最近は女性の方も簡単な大工仕事する人も増えているような気がしますが、どうですか?

さてさて昨日の日記で書きました喉の調子ですが、お陰様でかなりよくなり、痛みもないかんじです。虫歯にはよくなりますが、風邪などあまりひかないので、未知の痛みが来るとホント怖いものです。ますます中年まっしぐらなお年頃なので、気をつけないと。

さてさて本日はちょっと質問があります。
実はコラムの仕事で何を書けばいいのか悩んでおりまして、せっかく頂いたお仕事なのだから、ちゃんとした仕事をしたいと思い、連日ウンウンと頭を回転させているのですが、どうもいい案が浮かばない。みなさんが何を知りたいのか?どういう記事なら読みたいのか?僕が書くコラムなら何を書いて欲しいのか?・・・・・・なんてお恥ずかしい質問ではあるのですが、よかったら教えてくれますか?
お答え頂いても、その通りの文章を書くことは準備の関係上難しいのですが、今後の為にもよかったら教えて下さい。よろしくです。

あー何でも新鮮に見えるメガネとかってないのでしょうか。

f0034922_7551571.jpg


また懲りずに追伸。
本日より無事にチェック&ストライプさんとのイベントが始まりました!
まだ僕も見れてないですが、手芸好きなかたは遊びに来てくださいね。本日はわざわざ神戸よりスタッフさん2名がお手伝いで来てくれてました。本当にありがとうございました。
明日あたりにオルネのブログかニュースにてイベントの様子を紹介しますので、こちらもよろしければご覧ください。

では、長くなりましたが、またです!

週明けからニースに行こうかこっそり計画中。
by petitclos | 2007-01-14 08:12 | 2007年 1月
1月12日 パリのアメリカンホスピタル
先日よりちょっと喉に何か引っかかったような感じがして、ネットで調べてみると・・・・。

ケース1 ・病院にて喉の手術 喉に器具をつっこまれ気持ち悪い。
       (このせいで同じような夢をみた)
 
ケース2 ・ガンの恐れがあるので、すぐに診察した方がいいですよとの書込み発見
        (先日からドクターコトーのビデオをみた影響か悪い予感が)

万が一の事を考えて、すぐに手術となったら危険なので、なるべく大きな信用のある病院に行こうということで、パリ郊外のヌイイにあるセレブな病院 アメリカンホスピタルへ。
(ミポリンもここで出産したような、あとビンラディンも入院していたりと、とにかく別格)
中に入ると、なんだか普通の病院と来ている車、人が違う感じで、とても場違いな気がしてきた。(たぶん気のせいですが)
で、診察室に入って、喉を見せた結果・・・・・薬を飲めば治るとのこと。
ほっと安心しました。でもステンレスの棒を口につっこんで奥を目視しただけなので、かなり今も不安はある。また日本で見てもおう。

で、支払いしようとカードを見せたら、キャッシュか小切手のみとのこと。で、金額を聞けば120ユーロ!!(19,000円ほど)たった2~3分チラッとみただけでこのお値段。
海外で通用する保険のついたクレジットカードを持っているからあとで、全額戻ってくるとは思うけど、戻ってこなかったらどうしよう・・・・なんて色々不安な誕生日の昨日でした。

f0034922_828293.jpg

                   男でも花をもらうのっていいものです

追伸

本日13日からチェック&ストライプさんのイベント 冬の素材展が開催されます!
普段ネットだけで見れなかったアイテムやオリジナルも色々登場する予定です。あとパリからのお土産もすこし販売します。ぜひお友達をさそっていらしてくださいね。
by petitclos | 2007-01-13 08:31 | 2007年 1月
1月9日 巨大な扉
今日、用事があって8区のメゾンドアーティストへ。

f0034922_7154885.jpg


以前にもこの建物には来たことがあるけれど、出入りする人も少なく、目的の場所が何階にあるのか分らないので、案内に聞き緊張しつつ大きな扉を開けて中に入ってみる。

f0034922_7165676.jpg

中に入ると、ガランとした空間が広がり、いきなり迷う。国の建物だけあって、かなり贅沢な作りで、使い方も贅沢(というか勿体ない)こんなに大きな建物に入っているオフィスはほんの少し。空いたままで使われていないスペースもあったりして、なんとも寂しい雰囲気。
用事も終わったので、帰ろうとして気づいたのだが、この敷地にはいるための扉。これまた巨大で、しかも木でできてます。
こういう建物はパリにはゴロゴロあるけれど、改めて見てみるとホントすごいです。乾燥しているから今もこの扉を使い続けることができるのか、それともちゃんとメンテナンスして長く使い続ける精神があるからなのか、どうなんでしょう。

f0034922_722539.jpg

by petitclos | 2007-01-10 07:23 | 2007年 1月