Woman.excite

ExciteWoman.exciteGarboアトリエWomanサイトマップ

新しい家族(子猫)がやってきた。
気づけば2ヶ月ほどblogの更新をさぼっておりました。
なかなかパソコンの前に座って、文章を書く時間がなくって今に至りましたが、今日は少し仕事でなくプライベートの報告があって長文を書いてみました。
タイトルにもあるように、昨夜二匹の新しい家族を我が家に迎え入れました。

SNSでそのあたり報告したところ、ケイトはどうしたの?とご質問があり、いろいろ書きにくかったご報告などしてみたいと思ってます。


実は一ヶ月ほど前、長年連れ添ったケイトが天国へ旅立ってしまいました・・・・。


悲しい話をSNSなどで書くと読んだ人も気落ちするからと避けてましたが、blogSNS、雑誌にも多く登場させて頂いていたので、やっぱりお知らせはしないとですね。


ケイトも歳をとり、高いところへジャンプできなくなって、息切れが多く、寝ている時間がどんどん増えてきて、あと数年でお別れのときが来てしまうんだな・・・と思っていた矢先、後ろ足あたりに大きなしこりができました。コブは日に日に大きくなり、病院にも何度も通ったのですが手術に耐えれる歳でもなく、痛みを抑えてあげるのが精一杯。

そんな状態が1週間ほど続き、ちょうど僕がパリに出張している間に旅立ってしまいました。


f0034922_18380945.jpg




長年一緒に暮らしてきて、本当にいろいろとありましたが、最後まで本当にいい子でした。大切な大切な家族でした。




f0034922_18381334.jpg

f0034922_18381247.jpg

f0034922_18381150.jpg
若かりし頃のケイトです。



ケイトがいなくなってからの1ヶ月間は、家族の会話も、家の空気もなんだか淀んでギスギスしはじめ、そろそろこんな状況も限界だな・・・と思い里親募集サイトを見始めたときに、今回の運命的な出会いがありました。



急遽2年ぶりの帰省が決まり3日間実家のある滋賀へ。会いたい人、行きたかった場所のリストを作り、最終的に新大阪から帰ることに決めた日にインスタで今回の子猫ちゃん募集の投稿を発見。たぶんダメと言われると思いながら、奥さんに「この子たちどう?」って画像を送ってみたら意外にも「他に貰い手がいなければ連れてきたら?」という返事が。


f0034922_18414785.jpg



すぐさま飼い主さんにメッセージを送信し、いつ返事がくるかドキドキ待つこと12時間。

次の朝に「是非一度見に来てください」との嬉しい連絡があり、早速移動用の折りたたみケージやトイレシートなどを買い、大阪まで貰いに伺いました。


飼い主さんは、大阪のトラックファニチャーの唐津さん。2週間前に、雨の中びしょ濡れの二匹を保護して、人に少し慣れてから里親募集の告知をされたそう。今までに沢山の犬やネコを保護し、今回のように飼い主を探す活動をされていて、お仕事はもちろん私生活まで本当に尊敬できる方です。


ケイトを譲ってもらったのは、クリニャンクールでアンティークのお店をやっている知人から。今回の二匹も家具屋さん。

勝手にいろいろ運命を感じてしまいました。素敵な出会いで譲って頂いたこの二匹(名前は週末に家族会議でつける予定)と今後末永く楽しく暮らしていければと思っています。



別れがあって、新しい出会いもあった忘れられない一ヶ月となりました。


ケイトのこと、気にかけてくださった方々、本当にありがとうございました。


子猫たちの近況は時々、こちらかSNSでお知らせしますね。


by petitclos | 2017-10-17 19:02 | 2017年 10月